Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

野田村保育所再建へ ヤマト福祉財団が助成 

 東日本大震災により被災した野田村保育所の再建にともなう地鎮祭は4月11日、同村前田小路の再建予定地で行われました。

 再建にあたりヤマト運輸などのグループ会社で構成するヤマト福祉財団(有富慶二理事長、本部東京都中央区)が「東日本大震災生活・産業基盤復興再生募金」の第2次助成として昨年10月に約2億8千万円を助成。海岸から約500メートルの現住所から、さらに約1キロ離れた高台への移設となります。

 地鎮祭には地元地権者や工事関係者が出席。関係者がくわ入れを行い工事の開始を告げました。

IMG_6433.jpg

 神事の後に催すとされる宴会「直会(なおらい)」は、国民宿舎えぼし荘に場所を移し開催。野田村保育会理事長岩岡吉比古氏は「安全な場所に保育所を建設できることに感謝したい。村の将来を背負って立つ児童をのびのびと育てていきたい」とあいさつ。小田祐士村長は「財政的に厳しいなか、ヤマト福祉財団の呼びかけはとてもありがたい。新しい保育所が復興の力になると信じている」と喜びました。

 同財団は震災以降、主に被災3県の水産業、生活基盤の復興に向け、宅急便1個につき10円を寄付にあてる活動を実施。今年3月31日までの合計金額は約142億円。すでに24の事業に対し約106億円を助成を行いました。児童施設への助成は陸前高田市の竹駒保育園に並び2例目となります。

IMG_6445.jpg

 有富理事長は「親の勤労意欲をかき立てるためにも児童施設は必要不可欠。新しい保育所が復興の起爆拠点になり、村民の皆さんが子どもたちから元気をもらい復興に近づいてほしい」と願いを込めました。

 新園舎は11月の完成を予定しています。

category: News

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://at19800521.blog.fc2.com/tb.php/8-03de9564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)