Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

大型連休の入り込み数、昨年並みに 久慈市 

 久慈市は7日、4月25日から5月6日までのゴールデンウィーク期間中、市内主要観光施設の入り込み状況を発表しました。期間中全体の入り込み数は約11万3千人で、前年比1.8%の減少とほぼ横ばいとなります。

 やませ土風館、久慈琥珀博物館、もぐらんぴあ・まちなか水族館など市内9施設と、久慈春まつり、二子朝市など4つのイベントを対象に調査。期間中最も多くの入り込みを記録したのは4日の「みどりの日」で、約2万千2百人の入り込みを記録しています。

 小袖海女センターは期間中、約1万5千人の入り込みを記録。これは前年比63.7%の増加となり、ゴールデンウィークに合わせた施設の本格オープンや、マイカー規制の解除、「あまちゃん」の再放送などが要因と考えられています。

 遠藤譲一市長は「あまちゃん人気は衰えておらず、ブームではなく定着していると感じる。今後も更なる魅力づくりに努めたい」と評価していました。



 活況の一方で「あまちゃん」に関する展示施設「あまちゃんハウス」は、昨年から47.4%減少となる約2千9百人の入り込みを記録。貴重な品々がありながらも、開館当初から展示内容がほぼ変わらないことなどが要因と考えられ、リピーターの足が遠のいていることが推測されます。東京都在住の金田一元さんは同施設について「情報発信や変化が乏しいと感じる。施設内の滞在時間も割と短い」と語っています。

 展示内容の更なる充実やイベントの実施、SNSを活用した情報発信などが望まれています。

IMG_8278.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://at19800521.blog.fc2.com/tb.php/462-d9850249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)