Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

三陸鉄道キットDreams 岩隈GMが初仕事 

 このほど結成された三陸鉄道の草野球チーム「三陸鉄道キットDreams」のGMに就任したシアトルマリナーズの岩隈久志投手は11月7日、野田中学校を訪れ、生徒に何事も向上心を持って取り組むことの大切さを訴えました。

 岩隈投手は拍手に包まれ会場に入ると、生徒からの質問に回答。中学生時代は「ランニングやシャドーピッチングで体幹を鍛えた。目標を持って練習に取り組むことが大事」との答えに、野球部の生徒は目を輝かせていました。

 また、好きな言葉に「向上心」を挙げ、「後退はない。常に前進することが大切。感謝の気持ちも忘れずに」と自身が掲げる心構えを伝えました。

 場所を村内の球場に移し、岩隈投手は野球部の練習風景を見学。時折選手と言葉を交わし笑顔を見せるなど、選手を勇気づけました。岩隈投手は「逆に元気をもらった。メジャーのマウンドでこの恩返しをしたい」と来シーズンの活躍を約束しました。

IMG_1408.jpg

IMG_1498.jpg


■キットDreamsが初練習

 翌8日、久慈市営球場で「三陸鉄道キットDreams」の初練習が行われました。選手、マネージャーら総勢約40人中30人が参加。赤を取り入れたユニフォームがお披露目され、岩隈GMが見守るなか選手はグラウンドを駆けまわりました。

 チームの副主将を務める市職員前野輝樹さんは「和気あいあいとした雰囲気でよかった」とチーム初の全体練習に安堵の表情を見せていました。

 岩隈GMは球場入りするとランニングや軽いキャッチボールをしてコンディションを調整。その後、チームのキャラクター「バッファローマン」のロゴが入った真紅のジャンパーに身を包み、内外野のノックを注視しました。

 岩隈GMはチームの印象を「選手の元気な姿を見て、いけると感じた。チームが強くなるよう遠くからでも応援していきたい」と語り、GMとしての初仕事を振り返りました。

 チームは来年3月に行われる「キット、ずっと杯争奪戦(仮称)」地区大会での好成績を目標に活動。来春には津波被害から移転を予定する新田老球場のこけら落としイベントを予定しています。

IMG_1644.jpg

IMG_1636.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://at19800521.blog.fc2.com/tb.php/413-ca703510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)