Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

「久慈市のヒロインに」高校生5人組がグループ結成 

 放送を終えた今もなお、ロケ地となった久慈市には多くの観光客が訪れるなど全国区の人気となったNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。


 「北の海女」のモデルとなった久慈市宇部町小袖の「北限の海女」は昨夏、素潜りによるウニ漁見学に連日多くの観光客が訪れ大賑わい。その盛況ぶりは「アマノミクス」とも称され、浜の活気を一手に担いました。


 ベテラン海女とともに活躍した「高校生海女クラブ」も盛況の要因で、初々しくもひたむきに大海原と向き合う姿に見物客からは実演のたびに、惜しみない拍手が送られ続けました。


高校生海女クラブに関する過去の記事


 そんな彼女たちがこのほど、地元久慈を盛り上げるためグループを結成。歌って踊って「久慈市のヒロイン」を目指します。


 グループ名は平仮名表記で「あまくらぶ」。アイドルを目指すのではなく、地元の活性化を望む純粋な思いから、あえて大きく変えることはありませんでした。いずれも久慈東高校在学中の3年生5人からなるグループです。


 イメージするのは同様に5人組の大人気アイドル「ももいろクローバーZ」で、アイドルにとどまらない圧巻のステージパフォーマンスに共感。ピンク、パープル、ブルー、イエロー、ライトグリーンの衣装は地元洋服店の協力により新調しました。


 結成のきっかけはさかのぼること昨年9月。活動期間を延長した9月末で素潜り実演のシーズンが終了。「もっと潜りたかった」と喪失感に包まれていた海女クラブの中心メンバーが「もっと色んな人に笑顔になってもらいたい」とクラブを運営する久慈市観光物産協会に相談。あまちゃんが地元を飛び出しアイドルを目指す物語だったことや、海女クラブの中心メンバーがチアリーディング部だったことなどの要因が起因し、グループ結成に至りました。


 衣装デザインを担当した中川沙耶さんは「チャレンジすることが大切だと思った。地元の子どもたちにも愛される存在になれれば」とアピール。あまくらぶではリーダーを務めます。



 ピンクの衣装がまぶしい佐々木紫苑さんは「歌と踊りが大好きで、好きなことで久慈に貢献できるのがうれしい」と笑顔をのぞかせると、リーダーの中川さんとともにグループ立ち上げの中心を担った日ノ沢穏(やすき)さんは「色んな人に久慈の良さを知ってほしい」と願いを込め活動に臨んでいます。



 昨年9月のグループ立ち上げから新加入した岩舘ひろみさんは根っからの人見知り。「活動を通して性格を変えたいと思った。周りの人を笑顔にしたい」と自身の成長を思い描き、 素潜りの実力はベテラン海女も太鼓判を押す中野百瑛さんは「外国にまで反響があればいいな」と海の向こうを見すえています。


 デビューは4月5から2日間の日程で行われる「やませ土風館6周年感謝祭」で、2日目の6日にステージが予定されています。「暦の上ではディセンバー」ほか、あまちゃん関連の曲に合わせた演技を披露する予定で、連日歌とダンスのレッスンを繰り返しています。


 「久慈市のヒロイン」の第一章が幕を開けようとしています。

P1010748.jpg
画像提供:久慈市観光物産協会


★あまくらぶ
中川 沙耶さん(なかがわ・さや) ライトグリーン
日ノ沢 穏さん(ひのさわ・やすき) イエロー
佐々木紫苑さん(ささき・しおん) ピンク
中野 百瑛さん(なかの・もえ) ブルー
岩舘ひろみさん(いわだて・ひろみ) パープル

※学年は4月から

category: News

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://at19800521.blog.fc2.com/tb.php/323-fd4904ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。