Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

大川目町の昔話に触れる 

 第5回大川目むがぁすむがすまつりは12月1日、大川目公民館で開催されました。

 同町に伝わる昔話の伝承を目的に大川目公民館が主催。地域に伝わる68話の昔話を収録する「おらが町の昔っこ」のなかから、出演者が軽妙な語りを披露しました。

 大川目小3年生約20人が出演。児童は夏休みから練習をスタート。語り部マイスター・今昔亭光草こと下舘佳光さん指導のもと、総合学習の時間を活用して練習を重ねました。

 グループごとに4話を披露。地域ゆかりの地名や、かつての特産物にまつわるお話を方言を交えて語ると、会場は笑いに包まれていました。「おじいさんとネズミ」を披露した宮本美幸さんは「みんなと協力できて楽しかった。練習の成果が出ました」と笑顔を見せていました。

IMG_7706.jpg


 下舘佳光さんがトリを務め3話を好演。「子どもたちも楽しんで取り組んでいるのが何より。今、方言が見直されている。これからも言葉の文化を伝えていきたい」と盛会を喜んでいました。

 大川目小3学年担任の類家浩幸先生は「子どもたちは昔話に取り組むことで、何ごとも素直な心で受け止めるようになった」と観察。自身は八戸市出身で「イントネーションは違うけど、あたたかさは共通ですね」と方言の魅力を語っていました。

IMG_7753.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://at19800521.blog.fc2.com/tb.php/287-5c519019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)