Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

おらほーる劇場 コメディーで新境地 

 久慈市民おらほーる劇場の7回目となる公演「闘牛王の憂鬱」は11月24日、おらほーる(久慈市山形町川井)で行われ、伝統と革新に揺れる人間、そして牛たちの感情を描き出しました。

 「南部闘牛大会」は引き分けが前提。観光客の減少を契機にルールの見直し、都会的な演出の導入は、伝統からの脱却を意味。それぞれの立場で揺れる人間模様、翻弄される牛たちを市民らが演じ切りました。

 あまちゃんのエキストラ参加者や、高校生海女クラブもキャストに名を連ねました。昼と夜の2回公演で約450人が来場。来場者はペンライトや足を踏みならして公演を盛り上げました。

 観劇したいわて平庭闘牛会の松坂義雄会長は「闘牛の話で迫力もあったし、よく観察している様子が分かった。魅力ある闘牛にするには色んなことを変えていかなければいけない。山形の闘牛のあり方について考える機会になった」と評価していました。

 脚本を手掛けたこむろこうじさんは「この路線(コメディー)でも受け入れてもらえることが分かり、次につながる」と反応を喜んでいました。

 過去の6作品をオンデマンドで視聴可能。【過去の作品

IMG_7674.jpg

IMG_7634.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://at19800521.blog.fc2.com/tb.php/286-390e655e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)