Admin New entry Up load All archives

月刊DANASS Web News

「じぇじぇじぇ」のまち・岩手県久慈市のタウン情報誌「月刊DANASS(ダ・なす)」編集部からWeb Newsをお届け

「久慈市のヒロインに」高校生5人組がグループ結成 

 放送を終えた今もなお、ロケ地となった久慈市には多くの観光客が訪れるなど全国区の人気となったNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。


 「北の海女」のモデルとなった久慈市宇部町小袖の「北限の海女」は昨夏、素潜りによるウニ漁見学に連日多くの観光客が訪れ大賑わい。その盛況ぶりは「アマノミクス」とも称され、浜の活気を一手に担いました。


 ベテラン海女とともに活躍した「高校生海女クラブ」も盛況の要因で、初々しくもひたむきに大海原と向き合う姿に見物客からは実演のたびに、惜しみない拍手が送られ続けました。


高校生海女クラブに関する過去の記事


 そんな彼女たちがこのほど、地元久慈を盛り上げるためグループを結成。歌って踊って「久慈市のヒロイン」を目指します。


 グループ名は平仮名表記で「あまくらぶ」。アイドルを目指すのではなく、地元の活性化を望む純粋な思いから、あえて大きく変えることはありませんでした。いずれも久慈東高校在学中の3年生5人からなるグループです。


 イメージするのは同様に5人組の大人気アイドル「ももいろクローバーZ」で、アイドルにとどまらない圧巻のステージパフォーマンスに共感。ピンク、パープル、ブルー、イエロー、ライトグリーンの衣装は地元洋服店の協力により新調しました。


 結成のきっかけはさかのぼること昨年9月。活動期間を延長した9月末で素潜り実演のシーズンが終了。「もっと潜りたかった」と喪失感に包まれていた海女クラブの中心メンバーが「もっと色んな人に笑顔になってもらいたい」とクラブを運営する久慈市観光物産協会に相談。あまちゃんが地元を飛び出しアイドルを目指す物語だったことや、海女クラブの中心メンバーがチアリーディング部だったことなどの要因が起因し、グループ結成に至りました。


 衣装デザインを担当した中川沙耶さんは「チャレンジすることが大切だと思った。地元の子どもたちにも愛される存在になれれば」とアピール。あまくらぶではリーダーを務めます。



 ピンクの衣装がまぶしい佐々木紫苑さんは「歌と踊りが大好きで、好きなことで久慈に貢献できるのがうれしい」と笑顔をのぞかせると、リーダーの中川さんとともにグループ立ち上げの中心を担った日ノ沢穏(やすき)さんは「色んな人に久慈の良さを知ってほしい」と願いを込め活動に臨んでいます。



 昨年9月のグループ立ち上げから新加入した岩舘ひろみさんは根っからの人見知り。「活動を通して性格を変えたいと思った。周りの人を笑顔にしたい」と自身の成長を思い描き、 素潜りの実力はベテラン海女も太鼓判を押す中野百瑛さんは「外国にまで反響があればいいな」と海の向こうを見すえています。


 デビューは4月5から2日間の日程で行われる「やませ土風館6周年感謝祭」で、2日目の6日にステージが予定されています。「暦の上ではディセンバー」ほか、あまちゃん関連の曲に合わせた演技を披露する予定で、連日歌とダンスのレッスンを繰り返しています。


 「久慈市のヒロイン」の第一章が幕を開けようとしています。

P1010748.jpg
画像提供:久慈市観光物産協会


★あまくらぶ
中川 沙耶さん(なかがわ・さや) ライトグリーン
日ノ沢 穏さん(ひのさわ・やすき) イエロー
佐々木紫苑さん(ささき・しおん) ピンク
中野 百瑛さん(なかの・もえ) ブルー
岩舘ひろみさん(いわだて・ひろみ) パープル

※学年は4月から

category: News

CM: 0 TB: 0   

遠藤市制がスタート 久慈市 

 任期満了に伴う久慈市長選挙で初当選した遠藤譲一(じょうじ)氏は3月26日、市長として初登庁しました。

 当初の宣言通り、自宅から約15分の距離を歩いて市役所入り。市職員と約50人の市民が拍手で出迎えるなか市長としての第一歩を踏み出しました。

 遠藤市長は市職員に向けた市長就任のあいさつで「市民の声、みなさんからの提案を届けてほしい。活気のある市役所にしていくので一緒にがんばってほしい」と激励しました。

 報道陣に対するインタビューで遠藤市長は「まずは雇用の確保、経済面を重視し若者が残れるまちにしたい」と意気込みを語りました。

IMG_0985.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

三鉄北リアス線 新車両の安全祈願祭 

 三陸鉄道北リアス線の新車両安全祈願祭は3月25日、川崎町の車両基地で行われました。

 東日本大震災から復旧が進み、北リアス線は来月6日に全線開通予定で、それに合わせ新車両が導入されました。

IMG_0977.jpg


 新車両は一般車両3両とお座敷車両1両の4両で、クウェートからの支援を一部活用し導入。車両にはアラビア語で支援への感謝がつづられています。

 この日、玉串奉てんなどの神事が行われ新車両の安全が祈願されました。望月正彦社長は「地元の皆さんには歓送迎会や学校行事で、観光客には快適な旅を楽しんでもらえると思う」と喜びました。

IMG_0962.jpg


 新車両はいずれも、窓が大きい、車椅子スペースの設置、トイレの拡大など旧車両に比べ装備が整っています。また、新たに命名されたお座敷車両「さんりくはまかぜ」は、県内の伝統工芸がふんだんに取り入れられた落ち着いた雰囲気で、なおかつ最新のAV機器、前後に大型モニターが設置されるなど多彩な利用が期待されています。

 神事を終えた出席者は新車両を内覧し、三陸鉄道の新たなスタートに思いを馳せていました。

IMG_0976.jpg


category: News

CM: 0 TB: 0   

久慈市の震災がれき搬出完了 

 久慈市災害廃棄物最終搬出式は3月24日、長内町の久慈地区拠点工業団地内の平沢仮置き場で行われました。

 約9万トンに及ぶがれきが目標の本年3月をもって完了することに伴い開催。市や県の関係者、廃棄物処理に関わる事業者ら約30人が出席し、復興への弾みとなる出来事を喜びました。

最後の不燃系廃棄物を積んだトラック3台が、八戸市の業者のもとへと発つと出席者が拍手で見送りました。

IMG_0926.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

春休みの交流会に笑顔 

 中高生ボランティアやまちづくり団体などで構成する「こども支援子供交流会」(日當光男会長)の交流事業「スマイルキャラバン」は3月22日から2日間、二戸市の県北青少年の家で行われました。

 久慈管内の児童に学校の枠を越えた交流の場を提供するのが狙い。約100人の児童・スタッフが参加しゲームやもの作りを通して交流を深めました。

 2日目の23日、児童に対し高校生が講師となりミサンガ作りを実施。琥珀玉をくくりつけた麻ひもを編み込む作業で、高校生が主体となり作業の手順を指導したり進行役を務め、交流を深めていました。

 児童は交流を糧に春からの新たなスタートに向け、英気を養った様子でした。


IMG_0874.jpg

IMG_0912.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

ウニのまち・洋野町種市に「ウニーク」オープン 

 津波で全壊した種市ふるさと物産館跡地に新たに建設したひろの水産会館は3月23日、オープンしました。

 客船をイメージした4階建てで、国の復興交付金を活用して建設。鮮魚や加工品の販売、地元食材を使ったメニューを提供する食堂などが備えられています。

 一般公募により愛称を「ウニーク」に選定。町特産物のウニと「他にはない」という意味のユニークを掛け合わせた造語で、ウニをたくさん食べてもらいたい、東北に笑顔が戻ってほしいという願いが込められているとのこと。

 種市高校吹奏楽部の演奏による「あまちゃんオープニングテーマ」で幕開け。セレモニーで水上信宏町長は「復興のシンボル、ランドマークとして町民に愛されることを願う」とあいさつ。その後、テープカットとくす玉を割り、開館を祝いました。

 開館後、訪れた町民は続々と館内入りし、新鮮な魚介類や展望室からの眺望を楽しんでいました。

IMG_0819.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

楽しい思い出胸に 山根小中学校で閉校式典 

 今年度をもって歴史に幕を閉じる市内唯一の小中併設校久慈市立山根小中学校(照井睦子校長、児童生徒17人)の閉校式典は3月22日、同校体育館で行われました。

 山根小は明治9年開校。町内各地区にあった小学校は時代とともに統廃合を繰り返し、現在は町内唯一の小学校に。また山根中は昭和22年、町内唯一の中学校として開校。郷土芸能も盛んで、文化の継承にも力を注いできました。

 少子化の影響から平成24年4月から小中併設校として山根町における教育の中心を担ってきました。

 この日は同校卒業生や近隣住民など約250人が出席し、学びやとの別れを惜しみました。

 式典で照井校長は「山根魂を受け継ぎ、それぞれの力を発揮し成長することを期待している」と在校生にむけてエールを送りました。その後、卒業生が両校の校歌を歌い、長い歴史に思いを馳せました。

 閉校を記念し校庭に記念碑を建立され、児童生徒が関係者とともに除幕しました。山根小児童会長の韮山公貴(なおき)さんが「友達との関わり、自分らしさを発揮することの素晴らしさを学んだ。学んだことや誇りを胸に新たな山根の歴史を刻んでいきたい」と飛躍を誓いました。

 児童生徒は4月から小久慈小、長内中でそれぞれ新たなスタートを切る予定。

IMG_0759.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

三重県知事が訪問「息長い交流を」 

 三重県の鈴木英敬知事は3月20日、久慈市役所を訪れ水族館設備の備品などを贈呈しました。

 鳥羽・志摩の海女やグリーンツーリズムなど、震災後も交流をはかってきた三重県と久慈市。今回の訪問で、三重県から冷凍庫と潜水用具、県からの呼び掛けにより三重県内の水族館から提供された魚の図鑑などが久慈市に贈られました。新設されるもぐらんぴあで活用され、4種の魚についても寄贈が予定されています。

 鈴木知事は「支援から交流へ、息の長い関係をつくるためには交流が重要。引き続き連携していきたい」と語りました。

IMG_0685.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

忘れない3.11 

 東日本大震災から3年にあたる3月11日、久慈広域の各市町村で追悼行事が営まれました。

 久慈市では市防災センターで「復旧・復興・飛躍への集い」を開催。市長らに続き、もぐらんぴあ・まちなか水族館の応援団長さかなクンがあいさつ。「できることをさせてもらいたい」と継続した支援を約束しました。

IMG_0417.jpg


 夕方、市内各地でキャンドルやLEDを使ったイベントが開催され、参加者は温かな灯に復興への祈りを捧げました。

 県北最大の被災地となった野田村では、村体育館で犠牲者追悼式を開催。ステージは花で飾りつけられ、震災犠牲者を追悼。遺族会を代表して米田忠一さんが「私たちを見守り、記憶にとどめておいてほしい」と願いました。

IMG_0510.jpg


IMG_0396.jpg


IMG_0548.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

さかなクン、プチコンサートで笑顔のひととき 

 もぐらんぴあ・まちなか水族館の応援団長で、東京海洋大客員准教授・タレントのさかなクンは3月10日、三陸鉄道久慈駅でサックス演奏によるプチコンサートをひらきました。

 さかなクンは明日11日に久慈市防災センターで開かれる「復旧・復興・飛躍への集い」への参加に合わせて久慈市を訪問。

 急きょ決まったコンサートにも関わらず、近隣の事業所やSNSなどの呼び掛けで約50人が集まりました。

 さかなクンがサックスを手に「ただいま」と登場すると来場者は拍手で歓迎。来場者の合唱とともに「花は咲く」を演奏すると、会場は温かな雰囲気に包まれました。

 アンコールで「あまちゃん」のオープニングテーマを演奏し、サービス精神旺盛な一面を披露。会場は拍手喝さいに包まれました。

 さかなクンは昨年・一昨年と、3月11日に久慈市を訪れています。


IMG_0359.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

合同演奏に絆育む 野田中・飯豊中 

野田中学校吹奏楽部と北上市の飯豊中学校吹奏楽部は3月2日、野田村の総合センターで合同演奏会を開催しました。

 両校あわせて約40人の部員が参加。演奏に先がけ飯豊中吹奏楽部の京谷萌花部長が「復興と吹奏楽が広まってほしいという思いを込めて演奏します」とあいさつ。それに対して野田中吹奏楽部の中野那都部長が「地域の皆さんの力を借りて野田村の太陽になれるようがんばります」と意気込みを披露しました。

IMG_0244.jpg


80年代のヒット曲や童謡などバリエーションに富んだ演奏を披露。「潮騒のメモリー」の合同演奏に会場は沸き上がりました。

 約1時間に渡った公演はアンコールを含む10曲を披露。京谷部長は「短い練習時間だったけど、涙している人もいて感動した」と成果を実感。中野部長は「自分たちにしかできない演奏があることが分かった」と来場者の反応を喜んでいました。

IMG_0197.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0   

交通安全・防犯・環境衛生 各分野の功労者を表彰 

 大雪の影響で延期となっていた交通安全・防犯・環境衛生久慈市民大会は3月2日、ロイヤルパークカワサキで行われました。

 交通安全・防犯・環境衛生の各分野で貢献した個人・団体を表彰。受賞者を代表して多年にわたり上長内地区の環境衛生活動に貢献した瀧重吉さんが「今後も住みよいまちづくりに向け、一層の努力をしていく」とあいさつしました。

あわせて、市内公民館などで行われる講座・教室への受講をポイント換算し、優秀だった受講者を生涯学習士・生涯学習奨励士として表彰。認定者を代表して下畑とし子さんが認定証を受け取りました。

IMG_0157.jpg

category: News

CM: 0 TB: 0